浦井健治

StarSコンサート

Img_1923Img_1929

ミュージカル俳優、井上芳雄さん、浦井健治さん、山崎育三郎さんの新ユニット『StarS』のコンサートを観てきました。会場は、NHK大阪ホール。

Img_1925

本日のセットリスト。帰りに皆さん何やら写真撮ってるなぁ~と思ったら、こちらが掲示されておりました。なかなか親切。

さてさて、StarS。さすがに歌が上手いというか、声が良いというか・・・響きが素晴らしくて、何度も天に昇る気分。今回は、ペンライトやサイリュームを持ってきてくださいっていうお話を聞いていたので、はてさてどんな雰囲気なんだろう?なんて思っていたのですが、元気な賑やかな楽曲が多くて楽しいコンサートでした。

ミュージカルをもっと知ってもらうためにということで結成されたグループでもありますので、コンサートではミュージカル曲満載。「ダンスオブヴァンパイア」の『サラへ』という素敵なナンバーも、実際にその作品に出演している育と浦井健ちゃんが歌っていて、めちゃくちゃ最高でしたhappy02 私がその舞台を観たのは、日本版初演時で、健ちゃん出演の公演を観ているのですが、断然その当時よりも歌が上手くなっていて惚れぼれでしたheart04

そして、「ウィキッド」から『Defying Gravity』を芳雄さんと健ちゃんで。こちらの作品は、現在日本では劇団四季が版権を持っているので実際の公演に出ることはなかなか難しいし、女性が歌う曲なのですが息ぴったりのお二人で心地よかったです。
先日NHKの番組で披露された「レ・ミゼラブル」の『民衆の歌』も拍手が鳴りやまないぐらい素晴らしかったです。芳雄さんも一番盛り上がってしまって困る楽曲だとcoldsweats01 
でも、さすがにミュージカル俳優、曲ごとに表情や声で演じちゃう。表情豊かじゃないと出来ないお仕事だなぁ~なんてしみじみ思いました。

MCは、さすがに手馴れている芳雄さんが主に進行で、浦井健ちゃんは天然ボケって自由奔放、たまに毒を吐く芳雄さんに突っ込みを入れる”まとめ役”が育という感じで、バランス取れた3人でした。
そんなMC中に、育が、芳雄さんが1stアルバム「SOTTO VOCE/ソット・ヴォーチェ」 で歌っていたクラシックの名曲『優雅な月よ』が好きだという話になり、突如歌うことに。クラシックだし、響きの良いホールだからということで、マイクなしの生声披露となりました。これがまたキラキラした声と言いますか・・・井上芳雄さんの声ってピカピカ光るような滴が降る声なのです。機械を通さない生声は、shineshine超キラキラshineshineでございました。育のピアノも綺麗だったなぁ。

なんだか、今日のコンサートを観ていて、ああ・・・芳雄さんも健ちゃんも育も幸せそうだなぁ~楽しそうだなぁって。この人たちが舞台でもプライベートでもいつも笑っていてくれたら、ファンとしても最高に幸せだなぁ~confident なんて思っちゃいました。舞台のお仕事って観に来るお客様に幸せを届けるお仕事なのだろうけれど、ファンは出演者の幸せを願っているのです。互いを思いやっている空気感ってきっと最高にプラスの気に溢れているんでしょうね。そんな中にどっぷり浸かって私もめいっぱいプラスの気を浴びることが出来て大満足でした。

さてさて、この楽しいコンサート、DVD化もされるとのこと。年内に発売されるかな?して欲しいなぁ。それまでは、楽しかった時間を思い出しつつCDをいっぱい聞いておこうと思います。

ダンスオブヴァンパイア2011

2011年も始まったばかりですが、舞台界ではもう年末の公演予定が出てます。そういえば井上芳雄さんは2012年の公演情報が発表されてたなぁ~。なんだか近頃その流れについて行けない私がいますcoldsweats02

さて、今回発表されたのが11月27日~12月24日まで、東京帝国劇場で上演される「ダンスオブヴァンパイア」。
山口祐一郎さんがヴァンパイア役で、カッコいいし面白いし・・・大好きな作品です。今回のアルフレート役は、前公演から引き続きの浦井健治さんと今回初参加の山崎育三郎くん。うん、キャラぴったりかも。そしてサラ役が知念里奈さんに高橋愛さんだそうな。
アルフレートが歌う「♪サラへ」という楽曲がめちゃくちゃ好きです。来年1月には大阪公演があるとか無いとか・・・噂もあるそうで、ぜひ大阪公演実現されたらいいなぁ。・・・って、ほぼ1年後のお話ですな。

そう、初演で観たときに私がやった失敗が十字架のアクセサリーを身に付けて行ったこと。ヴァンパイアと戦おうとしてはいけません。この作品は率先してヴァンパイアの仲間になろう!ってな気合で観た方が断然盛り上がれます。

井上芳雄10周年記念コンサート

Dscf7433

プログラムが重いっす!帰りの電車でプログラムの入った袋を腕にかけて、その腕で吊革を持ってたっていたら電車の揺れに合わせて座っていた人の頭にゴーン・・・。相当痛かったと思います、ごめんなさい。。。
というわけで、井上芳雄さんのデビュー10周年記念コンサートに行ってきました。昨日から楽しみすぎて熱出したらどうしよう?なんて思うぐらい期待してたコンサート。今回は10周年ってことでプログラムにも力を入れたそうで、ハードカバーの写真集状態。でもこれで2,200円というのはリーズナブルじゃないかい?写真たっぷり、中身タップリなうえ、外にプラスティックカバーが付いているので汚れない!A型の保管好きとしては、ありがたい仕様でした。

Dscf7428

さて、デビュー10周年記念コンサート。大阪は梅田芸術劇場のメインホール。キャパ1900席って・・・大丈夫?coldsweats02 なんて心配は杞憂でした。客席いっぱいshineで驚きました。いつのまにこんなにすごい人になっちゃってたんだろう?セットも立派になっちゃって衝撃です。

さて、1幕は今まで井上さんが関わった作品のナンバーを中心にという構成。私は2003年に井上さんを知ったので井上さんとは7年分の歴史を共有しています。ミスサイゴンの時はこうだったなぁ~happy02 モーツァルト!の時はああだったなぁ~smile ああ・・・この作品は観れなかったなぁ~sad なんて観客としての7年間を思い出しつつ見てました。どの歌も好きなものばかりだったのですが、やっぱり井上さんと言えば『エリザベート』の「闇が広がる」。でもこれってトートとのデュエットで、以前一人で歌って大変だった・・ってな話をされていた曲。はてさてどうするのかと思っていたら、スクリーンにトート姿の井上さん。これがまためちゃくちゃ綺麗でしたshine 井上トートの冷たい鋭い目に釘づけですlovely 風船サリーとの「ミー&マイガール」も可愛かったです。そうそう、いつのまにか井上さんたらダンスも上手くなっちゃって。先日のテレビ番組で大澄賢也さんと踊ってらして驚きました。うひゃ~レベルアップしてるっ!って。この7年ずっと井上さんの活躍を追っているつもりな私だったのに・・・全く、根性の人です。

2幕はジャズやらシャンソンやら盛りだくさんの内容。ゲストコーナーがあって、大阪は浦井健治さんheart04 相変わらずめちゃくちゃ声が綺麗で、第一声でハッとさせられました。一生懸命歌って、一生懸命おしゃべりして・・・最高に可愛いかったです。二人で「闇が広がる」を井上さんがトートで歌って、もう1曲は同役を演じた『シンデレラストーリ』から「本当の愛」をデュエットバージョンで。今まではそこでゲストのソロ曲らしいのですが、健ちゃんのたっての希望でデュエットがしたいと。そういうところも可愛さ炸裂。それで「本当の愛」のデュエットになったもので、井上さんが着替える時間が無く、一人ステージに置き去りにされトークで繋ぐ指令を受けちゃった健ちゃん。いっぱいいっぱいになりながら一生懸命モノマネしたり井上さんとの思い出を語ったり・・・頑張ったねって感じでした。
2幕は外国語の楽曲が多かったのですが、いつもの井上さんによる楽曲解説があり、空気感に浸ることが出来ました。大好きな『カンパニー』の「Being Alive」も歌ってくださり感動でした。いつかこのミュージカルやって欲しいです。

今日は勘違い席・・・9列目のセンターで、井上さんと目があった気がする素敵な席で楽しい3時間でした。出来ることなら次の20周年も、その次の30周年も客席からお祝い出来たらいいなと思っています。
まずは11年目の来年。1月は「モーツァルト!」、そして4月は「ウェディング・シンガー」で来阪されるとのこと。すっかりモーツァルト!の宣伝を忘れていて、小池修一郎先生にカーテンコールで促されちゃっておりましたがcoldsweats01

これからの注目作品

近頃すっかりご無沙汰な演劇情報。この秋から注目作品(観に行ったり観に行かなかったりしますがcoldsweats01 )を、久々に熱く?!ご紹介したいと思います。

Photo

チラシが美しい『エリザベート』。今回からトート役がトリプルになり、山口祐一郎さん、石丸幹二さん、城田優くんが出演されております。ルドルフもトリプルで9月5日までは私の王子様、田代万里生くんが出演中。とはいえ実は、まだ一度もナマ万里生くんを拝見したことが無いのです。来年大阪でマルグリットの再演があるのですが、う~ん・・・藤原紀香さん主演かぁ。う~ん・・・ってところです。

Garasunokamen

ブログは毎日読んでいますが、私の王子様なのか?!わからない、新納慎也くん出演の「ガラスの仮面」。新納慎也さんはエリザベートに出演されていて私の歴史に登場した方なのですが、井上芳雄さんの大親友でもあります。先日、紫の人の扮装写真を初めて見て思ったのが「あっ。。。カッコいい人だったんだぁ」でした。普段は関西人の面白いお兄ちゃんというイメージだったもので(^^ゞ
こちらの公演は埼玉公演が終わっちゃいまして、今日から大阪シアターBrava!にて上演です。

Tikyu

ご存知『地球ゴージャスVol.11 X day』です。実は、私、地球ゴージャズ観たことなかったりします。WOWOWでOAされたものは録画したのですが、それさえ録っただけで観てなかったりします。今回の私の注目ポイントは中川晃教くん、アッキーが出演しているということ。アッキー素敵です。こちらは、名古屋・新潟・大阪公演を残しております。アッキーファンのお友達が燃えております。

Inoueyoshio

私の永遠の王子様第一号、井上芳雄さんの『10周年記念コンサート』です。東京では9月11日から青山劇場にてコンサートが始まるのですが、私は大阪で堪能させていただきます。ちなみに大阪は9月25.26日梅田芸術劇場メインホールにて。ゲストにはこれまた私の王子様、浦井健治さんがご出演。ガラスの仮面の新納くんは東京公演の9月13日にゲスト出演されます。相当笑える?!こと間違いなしでしょう。

Shirano

キャラメルボックスの「シラノ・ド・ベルジュラック」。東京は9月29日~、神戸は10月14日からの上演です。加藤さんのTwitterを観ていると成井さん談があり「49年間生きてきた中で最高のラブストーリー」とのこと。観っ、観たい!!
キャラメルは2011年のラインナップも発表中。2011年2・3月「夏への扉」、5・6月ハーフタイム「水平線の歩き方」+「新作」、8・9月「新作・時代劇」、11・12月「流星ワゴン」。来年も楽しみです。

Ginga

10月29日よりABCホールにて上演の劇団銀河『「この指とまれ」を聞きながら』。初のABCホール公演だそうで、仕事帰りに行きやすくなりファンとしても嬉しい限りです。純愛サクセスストーリーとのこと楽しみです。

Santa

キャラメルボックス2010年最後の作品は、元劇団員の上川隆也さん、近江谷太朗さんをゲストに迎えての「サンタクロースが歌ってくれた」です。これはキャラメルファンとしては見逃してはならない作品でしょう。

Mozart

めっちゃチラシがカッコいいcrying 『モーツァルト!』。井上さんの冷たそうな悪そうな顔がこれまた良いっ!久々に額に入れて部屋に飾っちゃおうかしら?東京は11月6日~、大阪は2011年1月の上演。山口祐一郎さん、市村正親さんなど東宝ミュージカルの”顔”な豪華キャスティングです。

エリザベート

D1000407_2 D1000409

エリザベートな一日を過ごしてきました。今回はチケットに恵まれ、昼が最前列。夜が2列目センターで見せていただきました。エリザベートは盆を使わないので、ステージが低くて前方の席でも見やすくて良かったです。以前、レ・ミゼラブルを梅芸で前方センターで見て、さっぱり足元が見えない・・・なんて経験があったもので、ちょこっと不安だったのです(^^;

さて、今日は、昼公演が、朝海ひかるさん・山口祐一郎さん・浦井健治さん。夜公演が、涼風真世さん・武田真治さん・伊礼彼方さん、という組み合わせ。私的にはお昼公演は、祐一郎さん(トート)、浦井さん(ルドルフ)で見慣れた安全パイ。夜は、武田さん(トート)、伊礼くん(ルドルフ)という初見チームだったので、う~ん、こりゃ逆に観た方が作品として良い印象が得られるのでは?なんて思っていたりしたのです。

武田さんのトートは、キャスティングされた時に、あまりに意外で、「この人、歌えたっけ?」なんて思ったのですが、いざ公演が始まってみたら好評。どうも祐一郎さんファンの人さえも武田トート良い!なんて言ってる様子だし、こりゃ思ったより歌えるのか??だったのですが、いやぁ~かなり力技の歌唱力でしたcoldsweats01  音程は声の強弱と芝居でカバーってな感じ。エリザベートが宝塚元男役のお二人で背が高く、武田さんは前も後ろも高い靴。華奢な人でエリザベートより細いんじゃ・・・なんて感じ。。。
・・・っと、言いたい放題ですが、武田トート、もう最高にめちゃくちゃ良かったのですhappy02 ビジュアルもニューハーフ??なんて最初は思ったのですが、黄泉の国の帝王にキャラピッタリ。鋭く、狂気を帯びていて、危うい魅力にドキドキでした。すっかり力技の歌に泣かされました。私、エリザベートで泣いた記憶があまり無いのに。。。武田さんは、お芝居経験豊富な役者さんだから、歌を台詞として捉えた時の、言葉の強弱の出し方が上手いのだと思うのです。ボンッ!と大きな音で発せらた単語が、グサッと飛んで来るのです。武田トート最高lovely 私の中でエリザベートという作品の評価が数段アップしましたshine

さて、その他キャストについて。祐一郎さんは言わずもがな、貫禄十分で安定感があり、安心して観れました。タイトルロール、エリザベート役の朝海さんはとても綺麗でした。歌がイマイチというか・・・音が口の中で響いちゃって、ちょっと篭った感じというか、上顎に音が当たるというか・・・聞き取りにくい訳ではないのですが、ちょこっと私は苦手でした。涼風さんは、オープニングの十代設定がちょっと辛いのですが、歌がやっぱり上手くて、そこを越えたら素直にビジュアルも含めて綺麗だなぁ~と観れました。歌がとてもとても良くて綜馬さんとの「夜のボート」最高でした。ルドルフは…やっぱり浦井健治さんが、見るたびに上手くなっていて嬉しい!新ルドルフの伊礼くんも頑張ってました。低音の綺麗な声なのですが、歌唱力的にはもう一歩かな?セリフ的に歌って表情出してたのが浦井さんとは違った点でとても良かったです。

すっかり武田トートに魅了された私ですが、武田さんのトートも今回で終わりなんていう噂もあるのだとか。大阪での公演は2月頭まで。皆様、機会がありましたら、ぜひお運びください。一見の価値ありですよ。

梅田芸術劇場エリザベート:http://www.umegei.com/m2009/erz_special.html

ダンスオブヴァンパイア

2009年7月5日~8月26日まで、帝国劇場にて「ダンスオブヴァンパイア」の再演が発表されました。この作品、初演時にヴァンパイア退治の話だと思って十字架のアクセサリーなんて付けて見に行ったら、「私もヴァンパイアの仲間になりたい!」ってテンションで見なきゃいけなかったことに気づき衝撃でした。音楽もとても素晴らしいし、山口祐一郎さんは素敵だし、アルフレート(泉見洋平さん&浦井健治さん)の出番は多いし「サラへ」って歌は気持ちよいし。今回サラ役は大塚ちひろちゃんと知念里奈さんのW。う~ん・・・どっちも捨てがたいです。来年の夏は帝劇か?!大阪にはきっと来てくれないよねweep

公式サイト(音が出ますので驚かないように):http://www.tohostage.com/vampire/index.html

回転木馬

久々に浦井健治さんの事務所サイトを覗いてみたら、来年の舞台が決まっていました。う~ん・・・舞台はどんどん先のスケジュールが出てくるので情報に付いていくのが大変です。

『回転木馬』2009年3月上演・天王洲銀河劇場にて
キャスト:笹本玲奈、浦井健治、坂元健児、はいだしょうこ、風花舞、安原義人、川崎麻世、安奈淳、西島千博、中川賢、三木雄馬、ほか

この公演では現在イーノック・スノウ・ジュニア役のオーディション応募受付中なのだとか。16歳の少年役なので、15歳~20代までの男性でプロ・アマ・舞台経験不問とのこと。6月30日締め切りです。この作品が初舞台になって、これから羽ばたくような人が出てきたら楽しいなぁ。どんな人が選ばれるのか私も楽しみです。ちょっと注目しておこう。
詳しくは:http://www.gingeki.jp/mokuba/audition.html

RUDOLF~The Last Kiss

福岡から帰って来て、ネットを覗いてビックリ。井上芳雄さん&浦井健治さん共演です。

「RUDOLF~The Last Kiss」
2008年5月6日~6月1日 帝国劇場にて
出演者:井上芳雄、笹本玲奈、知念里奈、香寿たつき、壌晴彦、浦井健治、畠中洋、岸祐二、新納慎也、岡幸二郎
演出:宮本亜門

そして、もう一つビックリニュース。V6の井ノ原快彦くんと瀬戸朝香さんが結婚するそうな。友達からメールが来て衝撃です。やるなぁ~イノッチ。

蜘蛛女のキス

石井一孝さん所属のアトリエ・ダンカンHPに石井さんが『THE MUSICAL「蜘蛛女のキス」~KISS OF THE SPIDER WOMAN~』に主演決定とのお知らせが出ました。その他、出演者は、浦井健治さん、初風諄さん、朝澄けいさん、朝海ひかるさんとのこと。去年「ワールドゴーズラウンド」で泉見洋平さんが、このタイトル曲を歌ったのが鳥肌もので、以来私のすごく好きな歌になったので、その一曲だけでなく、作品として観れることがかなり楽しみです。

2007年11月2日~11日 東京芸術劇場中ホール
2007年11月16日~18日 梅田芸術劇場メインホール
問:宝塚クリエイティブアーツ

ダンスオブヴァンパイアCD発売決定!

『ダンスオブヴァンパイア』のCDが11月に発売されるそうな。今回は2枚組・1種類の発売で、1幕は浦井健治さん&大塚ちひろちゃん。2幕は泉見洋平さん&剱持たまきさんになるのだとか。でもご安心を。ボーナストラックとして反対チームの唄っているのが入っているという親切さ。公演期間中に劇場で申し込めば送料無料にて発送していただけるのだとか・・・ってことは、8月27日迄ですね。11月か・・・マリー・アントワネット公演時には発売される予定ということですね。良い楽曲ばかりの作品だったので、楽しみです。
詳しくはこちら・・・http://www.toho.co.jp/stage/cd/vampire_cd.html

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

 

  • キャラメルボックス公演情報
  • クリックで救える命がある。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ