パク・トンハ

ミュージカル「ファントム」

梅田芸術劇場のHPを覗いてみたら、ファントム情報が。。。なんと、ルカス・ペルマンとのWキャストでパク・トンハさんキャスティングされました。う~ん・・・このキャスティングじゃ、両方観たくなるなぁ。でも、宝塚版のストーリーは、親子愛って感じであまりグッと来なかったのですよね。両方観るか、両方観ないか・・・変な発想なのかもしれないけれど、二人とものファンとしては、片方見るっていう選択肢が選べません。。。ちなみに、主演は、大沢たかおさんです。

<ミュージカル「ファントム」>http://www.umegei.com/phantom/index.html
〔大阪公演〕2008年1月13日~27日 梅田芸術劇場メインホール
〔名古屋公演〕2008年2月1日~3日 愛知厚生年金会館(ルカスのみの出演)
〔東京公演〕2008年2月7日~22日 青山劇場

ミュージカル「ラムネ」

パク・トンハさん主演の舞台が発表されました。2007年9月4日(火)~10日(月)会場は、赤坂レッドシアターだそうです。う~ん・・・大阪には来ないのか。。。

詳しくは・・・
パク・トンハさん公式サイト:http://paku-tongha.com/index.html
『ラムネ』公式サイト:http://www.musical-ramune.jp/
東宝芸能公式サイト:http://www.toho-ent.co.jp/index.html(最新情報をチェック!)

TOMMY

初めてデザインを変更してみました。横の文字数が変わっちゃって、う~ん・・ってな感じですが、Henry好きなのでしばらくは使ってみようかと思います。

さてさて、今日は2回目の「TOMMY」でした。やっと身体が慣れました(^^ゞ1回目は、これはどういう話なのだ?どういう作品なのだ?と、すっかり「?」状態だったのですが、今日はわりと居心地よく過ごせました。アッキーってわりと波があるのですが、今日は当たりの日だったようで「ああ・・しっかりアッキーの歌を聴いたな」という充実感がありました。アッキーモードに入ることが出来て、観やすかったです。

1回見ただけで、波長の合う作品と、リピートして波長の合う作品があります。今回は観る前にリピートする機会を作っていたので幸い完全マイナス評価に終わることにはならなかったのです。でも、実際、リピートしても波長の合わない作品もありますし・・・これからのチケットの取り方を、また悩みそうです。思案するのは「ジーザスクライストスーパースター」に「TOMMY」にもあった『ロックオペラ』という文字が。私大丈夫かな?ロックが苦手です。

TOMMY

アカン・・・アカンです。私の身には合わない作品でした。今日観たのは、いのうえひでのりさん演出、中川晃教くん主演の『TOMMY』。う~ん・・・厳しいな。ミュージカルを観たというよりロックコンサートへ行ってきましたって感じです。ストーリーがあるのですが、さっぱり頂点の見えない作品。歌い方もロック的というか・・・台詞の一部として歌詞を伝えようという歌い方ではなく、声も音の一部ってな感じなので聞き取り難くて。反対に原語で演じられてもさして問題は無いとも言えます。とりあえず、アッキーは、こういうの好きなんだろうなぁ~っとファン目線。確かに、アッキーの歌は上手かったし、声質ピッタリでした、そして、パク・トンハさんもいっぱい歌ってました。小林十市さんが降板したのは、ここらへんの事情かな?なんて思ったり。歌やったことない人が出来る役ではありませんわ。それもミュージカル・・・それも声量があって、なんならロックをヘビーにやってないと厳しい。生半可じゃ演奏やら周りに絶対負けます。私ったら、もう一公演分チケットを持っているので、ちょっとそれまでに体制を立て直さなければ・・・と思っております。なんだか今日はクタクタです。
そうそう夜の部終演予定は21時ですが、カーテンコールでライブがありますので今日終わったのは21時15分過ぎでした。遠くから来られる方はお気をつけくださいね。

さて、そのアッキーですが、5月30,31日に同シアドラでルカス・ペルマンとのコンサートがあるそうな。最近の私、すっかり王子様切れなので、ちょっとそこで充電出来たらなと思っております(^^ゞ

P.S. 今日「どうぶつの森」にデパートが出来ました。

TOMMY

今日、パク・トンハさんの事務所にお願いしていたチケットが届き、これでTOMMYのチケットが揃いました。奇しくも梅芸で取ったものと同じような席。でも、案外両方観やすそうな席で嬉しいです。私の好きな席は、後ろ過ぎず前過ぎず、ドセンターではなく、ちょっと左右に振ったぐらいの席。これが、なかなか難しい。振り具合も劇場によって違いますしね。

さて、昨日の運転失敗から完全復活は程遠いですが、ガソリン入れに行ってきました。最初がセルフだったもので、セルフ全然OKです。どうやったら右車線に走っている車が確認できるのか・・・交通量の少ない道で、チラチラ振り返り確認。う~ん・・・しばらくは、このコースで再練習だな。今日買った本:徳大寺有恒さんの『決定版女性のための運転術』

ハングル講座

ついに発売された「ハングル講座」4月のテキストを買ってしまいました。手に取り、私は勉強するのだろうか?それとも本をコレクションして終わることになるのだろうか・・・と。

基礎から教えていただけるようで、「ハングルのしくみと母音字」なんてのが第1課になっています。とりあえず毎週欠かさず見て、パクさんにハングル交じり(←全部と書けないところが弱気)のお手紙が書けるようになろう!

ハングル講座

パク・トンハさんが4月4日放送分よりNHK教育テレビの「ハングル講座」に復活されるそうな。去年の今頃だったと思うのですが、4月になったらチャレンジするぜ!なんて思っていたら、パクさん出演終了。すっかり興味を失っておりました。私の現在の趣味は観劇&読書なんて状態で、提供されたものを観る読むだけの受身状態。参加型の趣味を持とう!というのも今年の目標で、とりあえず遠足感覚で、西国33ヶ所巡ってみようかとも思ったのですが、ハングルねぇ~。候補に入れておこうっと。

パク・トンハさん

来年国際フォーラムで上演される「グランドホテル」にパク・トンハさんが出演されるとのこと。その他、キャストは小堺一機 さん、前田美波里さん、岡幸二郎さん/大済賢也さん(Wキャスト)、紫吹淳さん、諏訪マリーさん、藤木孝さん、岡田真澄さん/田中健さん(Wキャスト)とのこと。今日は私の一押しパク・トンハさんについてお話したいと思います。

私が初めてパクさんを拝見したのは去年のエリザベート大阪公演。一路真輝さんの宝塚さよなら公演で宝塚版は観ていたのですが、東宝版としては初・エリザベートでもありました。今回チケットを取る時に、ルドルフ役が浦井健治さんとパク・トンハさんのダブルキャストになっていたので、トート役山口祐一郎さんを軸にルドルフを別キャストで見れるようにって日程を選んだのです。そして、まず初めに観たのが2004年11月18日パク・トンハさんの日でした。その日会場へ行ったら売店の前に紙が貼ってありパク・トンハさんの写真集購入者を対象に終演後にサイン会・撮影会・握手会を行うとのこと。井上芳雄さんがやっていたルドルフ役なので、きっと役柄的には好きなところだろうなぁ~と思いつつ、まだお名前もうろ覚え状態の方だったもので「へぇ~」なんて軽い感じで客席へ。私の中でのその時の認識としては「浦井健治さん=変身もの出身」「パクさん=ハングル語講座に出ている人&舞台の経歴を見たところきっと実力は本物」って程度。ところが、これが見事に一瞬でハマッちゃったんですねぇ~。ルドルフという役は一幕では少ししか出番が無いのですが、その少しを観ただけだったのに、パクさんって素敵!って。パク・トンハさんは身体のバランスが取れていて、精悍な顔つきがとってもかっこよかったのです。うわぁ~今まで私の好きな人リストには無かったタイプだなぁ~って。イベントがある日にあたるなんてこれも何かの縁。こんなチャンスは二度と無いだろうから、こりゃ逃したら後悔するぞ!って。すっかりテンションあがりました。

続きを読む "パク・トンハさん" »

歩兵の本領

ストレートプレイだと聞いていたのでまさかパク・トンハさんの歌声が聞けるとは驚きでした。発売してずいぶんたってから観る事を決断したもので、上手の端・・・前から2列目という席だったのですが、パクさんの歌の立ち位置がまさに目の前。良い声聴かせていただきました。お話自体は・・・これは痛かった。流れがプツプツ切れるんですよねぇ~。だらだら長いコントを見せられているような感じで参りました(^^ゞ

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

 

  • キャラメルボックス公演情報
  • クリックで救える命がある。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ