泉見洋平

ダンスオブヴァンパイア

2009年7月5日~8月26日まで、帝国劇場にて「ダンスオブヴァンパイア」の再演が発表されました。この作品、初演時にヴァンパイア退治の話だと思って十字架のアクセサリーなんて付けて見に行ったら、「私もヴァンパイアの仲間になりたい!」ってテンションで見なきゃいけなかったことに気づき衝撃でした。音楽もとても素晴らしいし、山口祐一郎さんは素敵だし、アルフレート(泉見洋平さん&浦井健治さん)の出番は多いし「サラへ」って歌は気持ちよいし。今回サラ役は大塚ちひろちゃんと知念里奈さんのW。う~ん・・・どっちも捨てがたいです。来年の夏は帝劇か?!大阪にはきっと来てくれないよねweep

公式サイト(音が出ますので驚かないように):http://www.tohostage.com/vampire/index.html

カンパニー

今年の我が家は喪中ってことで、お正月だからと言って何の行事も無く・・・ということで、1日からずっとビデオのDVD化というのに励んでおります。福岡の友達がビデオで送ってくれたマンマ・ミーア!のPR番組(渡辺正さん、玉城任さんがいっぱい出ていて最高でした)だとか、井上芳雄さん出演の番組だとか、泉見洋平さんが出演された番組だとか・・・そんなのをDVDにしました。そして、現在、ビデオで残していた舞台やら藤原竜也くん映像やらに着手したところ。NHKで放送された「いま裸にしたい男たち」はすごかったなぁ。竜也くんが18歳の時にやった「近代能楽集」(その後再演もされています)の密着は、舞台の映像もふんだんに使われていて竜也くんのパワーに圧倒されることばかり。またプライベートな18歳の「無邪気パワー」もすごかったです。お芝居を勉強している人にはこういう映像から学べることって多いのだろうな。演技面以外にも、精神面・・・心がけ面で。。。

そして、今回一番の発見。全部処分したと思っていたのに古いKinkiKidsの番組のビデオが出てきたのです。光一くんの20歳を祝ったりしているので、9年前?それに、山口祐一郎さん主演の「カンパニー」のCMが入っていたのです。

先日NHKでブロードウェー版の「カンパニー」が放送されて、井上芳雄さんがいつか何処かで唄ってた気がする・・・なんてことがきっかけで録画しておいたのを昨夜から見ていたのです。ニューヨークが舞台のお洒落な大人の作品。結婚出来ない男・・・最後の一歩が踏み出せない男性のお話。カンパニーって最初聞いたときは「会社」とか「企業」とか・・・そういう話か?なんて思ったのですが「仲間」ってな意味だそうな。この作品、役者が楽器を演奏しながら演じるというスタイルで、これまた斬新。
そして、最後に唄われる「Being Alive」なる曲がとても素晴らしく気持ち良い!調べてみたら(自分のブログを(^^ゞ)井上芳雄さんが2006年のコンサートで唄われてたのがまさにこの曲でした。このコンサートはNHKでオンエアされたのですが、カットされてました(T_T)そして、まさか日本版で祐一郎さんがこの歌を唄われていたとはビックリ。ぜひ聴きたかったです。ブロードウェー版を見つつ、井上さんが35歳(登場人物の年齢)・・・40歳ぐらいになったら出来るかな?なんて思っていたのですが、祐一郎さんかぁ~。さぞかしピッタリだったでしょうね。実際観に行った人のコメントをネットで探してみると、「歌が巧すぎる・・・」とか。なるほど。。。

その他、大発見・・・大発掘?!は2000年のジャニーズ運動会。錦戸亮くんがめちゃくちゃ小さくて、ああ・・・私が一番見ていた時代の彼はこんなだったなぁ~と懐かしく思いました。このビデオは早速、現在関ジャニ∞ファンのイトコにプレゼントです。

レ・ミゼラブル公式ブログ

先日、私が電車の中でふと涙しそうになったカフェソング動画が公式ブログにあります。レ・ミゼ公式ブログの動画配信がeyeVioになったので、直接こちらに載せることも技術的には可能なのですが・・・やはり無断転載の部類に入るのだろうか?それともOKなのだろうか?と悩み、とりあえずお知らせまで・・・ということにしておきます。
この動画は、マリウス役/泉見洋平さん、司教役/港幸樹さんが唄う歌に同じ旋律が使われているということから実現した、特別バージョンの「Cafe Song」です。なので、初めて聴く方にとっては、少々意味が判らないかも・・・。でも、とても綺麗なメロディーでとても重い意味を持つ歌詞なのですよね。あわせて製作発表時の動画も見ていただくと、曲の雰囲気がわかるかもしれません。
CafeSongと共にじっくり記事も読むなら→公式ブログ http://lemiz.toho-stage.com/2007/08/0803cafe_song.html
その他の動画もざっと見ていくなら→eyevio http://eyevio.jp/movie/34427
(検索画面で「レ・ミゼラブル」と入力すると、いっぱい出ます。でも、動画がeyevioになったのは、8月途中からですので、それ以前の動画は公式ブログをチェックしてください。)
その他、公式ブログには動画がたくさんあって、楽しいのです。橋本さとしさんのイベント映像も面白くてオススメですし、舞台の裏側をたくさん見ることが出来るのでファンとしてはありがたいブログです。「ああ・・・原田優一さんも観たかったなぁ~」とか、「やっぱりそろそろ藤岡さん観たいな・・・」とかね。ついつい、今の私は泉見さんに偏っているもので、なかなか拝見する機会が無いのですよ。でも、次の機会には、絶対観ようと思います。博多座では10月24日まで公演が続き、ついついキャスト表をチェックしてしまう私。「あかんよ。遠いからね・・・」と自分で自分を説得中です(^^ゞ
さてさて、私ごとながら、この記事が600個目の記事になるようです。これからも色んな情報発信が出来たら良いなと思います。いつも読んでくださっている皆様に感謝です。ありがとうございます。
Banner

福岡総集編

ただいまぁ~の前に一つ記事をあげてしまいました(^^ゞというわけで、福岡より戻ってまいりました。1泊2日で3公演。久々の強行軍だったのですが、めちゃくちゃ充実していました。というか、舞台集中の遠征が、去年の夏の「ダンスオブヴァンパイア」以来。秋のMAは舞台1本だけ観て軽井沢に移動しちゃったから。

PhotoPhoto_2 さて 、27日1本目は「マンマ・ミーア!」。大阪公演が終わって以来のマンマだったのですが、やっぱり、笑って泣いての作品でした。今回の荒川務さんは、髪を黒く染めてらして、前回私は拝見した時よりは、重さがある感じ。歌はハイトーンボイスで、ここがちょっと苦手な点。作品の年齢設定的には、ちょうど良い実年齢なのかしら?そういう点での説得力がありました。東京・大阪・福岡ときたら次は名古屋でしょうか?名古屋公演始まったら、また行っちゃいます。この作品は永遠に好きだと思います。
パンフ等は買わなかったのですが、携帯ストラップを発見!大阪で買ったものとは違うカラーが出ていたので迷わず購入。ただいま私の携帯には2種類つけてます。ちなみに、左が福岡Ver.。

28

27日2本目は、博多座に移動しての「レ・ミゼラブル」。製作発表の動画を見たときから、絶対、橋本さとしさんと山崎育三郎くんは観なきゃと思っていたのです。今さんも出るし、東山義久さんも出る。ここしかない!っていうキャストです。ビジュアルがとても良いチームで、新しい若いレ・ミゼラブルって感じがしました。
さて、橋本さとしさん・・・って、こんなに上手かったっけ?っていう感じで、まったく歌頑張ってます!っていう雰囲気無くナチュラルでビックリ。やっぱりすごい人だなぁ~と感心しちゃいました。製作発表の時は、いっぱいいっぱいな感じで、芝居で魅せるバルジャンか?なんて思っていたのに。祐一郎さん並にキャラクターの違和感の無いバルジャンでした。橋本さとしさんがかなりお気に入りの私です。あの普段のユルイ関西弁もかなり、私のなかでしっくり来るんですよね。。。
山崎育三郎くんは、さすがに歌が上手かったです。でも、+α欲しいところです。「カフェ・ソング」も育三郎くんにしか無い味が出たらいいなぁ。もうちょっとお芝居磨いたら、歌の表現力も上がるのかな?でも、私、育三郎くん、かなりお気に入りになりました。エスコルタが忙しくなっても、ミュージカル続けて欲しいです。そして、新たに発見。アンサンブルのフイイ役、石井一彰さん。顔的には、平井堅をすっごく細くしたイメージ。まだまだ不安定ながら、歌もビジュアルも良い感じでした。もうちょっと肉つけて、歌がフラフラしなくなったらかなり良いのでは無いでしょうか?石井さんは東宝ミュージカルアカデミー出身だそうで、来年のミス・サイゴンには泉見洋平さんとのWでトゥイ役とのこと。泉見さんのトゥイは熱いぞ~。がんばれ♪東宝作品と言えば?!出待ち。ホテルが近かったので、初参加してみたのですが、石井さんファン多いようで、サインをしたりお写真を撮ったり・・・とても親切な対応をされていました。良い人だ。。。

続きを読む "福岡総集編" »

帰路

帰路
あっという間の2日間でしたが、観劇三昧のとても楽しい充実した旅でした。ただいま新幹線車内なのですが、帰りは「ひかりレールスター」なるものに乗ってみました。かなりソファーが良くて快適です。でも割と揺れます。なんでだろ?車両数が少ないからかな?

さて、今日のレ・ミゼブル、かなり良かったです。祐一郎さんもさることながら、泉見さんと坂元さんの掛け合いは最高でした。今日思ったのは歌が巧い人は世の中にたくさんいるけれど、歌で表現が出来る人…言い争いが出来る人は稀なんだろうなって。また泉見さんって、表情が良い!ちょっとした表情にハッとさせられます。悲しみだとか、決断だとか、喜びだとか…クルクル表情が変わり、歌が変わり…観ていてドキドキしました。泉見さんもハマっちゃったのか、結婚式のシーンまで、ずっとウルウルされているように見えました。私も、弾を取りに行くのに立候補するマリウスから、ずっとウルウル。レ・ミゼではあまり私泣かないもので、きっとその泉見さんのパワーが客席まで届いたのだろうと思います。最高の「レ・ミゼラブル」が見れました。

そして、カーテンコールで、この鈍くさい私がお花をゲットしてしまいました。自分でもビックリです。とてもとても嬉しいハプニングでした。生のお花で、重石に苺とレモンのキャンディーが3個ついてました。もったいなくて食べられません(>_<)
ご存じ無い方の為に…レ・ミゼラブルとミス・サイゴンのカーテンコールはステージからキャストの皆さんがお花を投げてくださるのです。

博多座

レ・ミゼラブル2回目です。今日は、山口祐一郎さん、泉見洋平さん、坂元健児さんに加え、昨日良いんじゃない?!と思ったフイイ役石井一彰さんに大注目です。

さて、昨日が初博多座だった私ですが、この劇場かなり良いです。昨日は最前列だったのですが、首痛くない!めちゃくちゃ観やすい。梅芸なんて5列目でさえ厳しいですから。帝劇より3,000円もチケット代高いのですが、それだけの価値あります。アクセスも便利だし、トイレがまた良い!1階席と2階席で同じ広さのトイレがあるってすごいです。また数が多いので、さほど並ばない。私この劇場、私が知ってる中で一番好きかもしれません。

ミス・サイゴン2008

来年帝劇で上演される『ミス・サイゴン』のキャストが発表されました。

〔エンジニア〕
市村正親
筧利夫
橋本さとし
別所哲也

〔キム〕
笹本玲奈
ソニン
知念里奈
新妻聖子

〔クリス〕
井上芳雄
照井裕隆
原田優一
藤岡正明

〔ジョン〕
岡幸二郎
坂元健児

〔エレン〕
浅野実奈子
シルビア・グラブ
鈴木ほのか

〔トゥイ〕
石井一彰
泉見洋平

〔ジジ〕
池谷祐子
桑原麻希
菅谷真理恵

※池谷さんと菅谷さんのサイトは発見できず(T_T)どなたか、公式サイト等ご存知でしたら教えてくださいませ。

井上芳雄さんのクリスも楽しみだけれど、また泉見さんのトゥイが見れることが嬉しい!今度こそCD化して欲しいです。私的にお名前初めての方がいらっしゃったので、あちこち検索してみました。石井一彰さんと池谷祐子さんは東宝ミュージカルアカデミー1期生なのだとか。これからガンガン活躍していかれるのでしょうね。

カーナビのアホ~!

本日3個目の記事。いろんなことがあった一日だったってことですね。
今日、MAのプログラムと共に梅田芸術劇場で「ダンスオブヴァンパイア」のCDを買いました。11月発売と聞いていたので、帝劇のマリー・アントワネットで買ったら良いな・・・なんて思っていたら、11月後半発売で買えず、そのままだったのです。帰って来て、早速、車の中で聞いてみることに。懐かしい!この作品好きだなぁ~。泉見洋平さんも浦井健治さんも歌上手かったし、祐一郎さんカッコよかったし、吉野さんぶっ飛んでいたし、明るく楽しい作品でした。再演する時はぜひ大阪にも来て欲しいな。シアドラで出来ないかな?そういえば、月刊ミュージカルで浦井さんがミュージカル俳優1位に選出されておりました。すごい!!

ヴァンパイアのCDを聴きながら快調に万博外周をグルグル・・・3周は廻ったな。そのままマイカル茨木コースにチャレンジして、帰り道はカーナビの支持通りに運転してみようと思ったら、まんまと中央環状突入。怖い~!カーナビのアホ~!!5キロ先を左とか言われ、このまま5キロも走るのかよ・・・ってなもんです。冷や汗かきつつ、なんとか無事帰って来て、今度は普通の駐車にチャレンジ。私の駐車場は前に空間があるので、前に出て、真っ直ぐバックしたら入るのです。で、世の中そんな駐車場はほとんど無いので練習せねばです。でも、う~ん・・・さっぱりどこでハンドルを切って良いのかわからず、こりゃ垣根に突っ込むなと断念。またの機会にチャレンジしてみようと思います。ペーパードライバ教習で少し習ったのですが、そういう時に限って上手くやっちゃうんですよ、私。2回チャレンジして、2回とも一発で入れちゃったんですよね・・・ホントは、苦手なのに。このまま一般の駐車場に停めらなかったら・・・どこにも行けません(T_T)

でも、運転ちょっと楽しいです。運転に集中なので、何も考えずグルグルです。そうそう、今日は通算走行距離が100キロを越えました。今日の練習で、右への車線変更のコツが少しわかってきました。1週間毎日練習してます。最終目標は秋の軽井沢です。

ダンスオブヴァンパイアCD発売決定!

『ダンスオブヴァンパイア』のCDが11月に発売されるそうな。今回は2枚組・1種類の発売で、1幕は浦井健治さん&大塚ちひろちゃん。2幕は泉見洋平さん&剱持たまきさんになるのだとか。でもご安心を。ボーナストラックとして反対チームの唄っているのが入っているという親切さ。公演期間中に劇場で申し込めば送料無料にて発送していただけるのだとか・・・ってことは、8月27日迄ですね。11月か・・・マリー・アントワネット公演時には発売される予定ということですね。良い楽曲ばかりの作品だったので、楽しみです。
詳しくはこちら・・・http://www.toho.co.jp/stage/cd/vampire_cd.html

ダンスオブヴァンパイア(泉見さんVer.)

夏休み企画の東京遠征。今回のメニューは
①ダンスオブヴァンパイア(アルフレート:泉見洋平)
②井上芳雄コンサート
③ゲド戦記初日舞台挨拶
④ダンスオブヴァンパイア(アルフレート:浦井健治)
でした。

さてまずは①のダンスオブヴァンパイアから。

Dscf0545 帝国劇場のロビーに入って何に一番驚いたかって、リー君が飛んでいたこと!『リー君』とは、ダンスオブヴァンパイアの公式ブログに出てくるコウモリのキャラクターで、ロビーに居るらしいとは知っていたのですが、ただ、ぶら~んと釣り下がっているのかと思っていたら、バサバサ、グルグルと・・・。そして、祐一郎さんのロビーの柱一本分写真があるハズ・・・と見て廻ったのですが、入り口改札前だったらしく見逃しです。さて、本日のお席は泉見さんのファンクラブで取っていただいたものなので、泉見さんファンってことでアクセサリーは十字架にしてお席へ。下手端ブロックだけれど、なかなか良く見える席でした。

さて、舞台の感想としては・・・う~ん、ストーリー的には達成感の無い話。フィナーレで私の心の叫びとしては「ここで終わるんかいっ!」でした。でも、キャストはさすが!山口祐一郎さんの歌は素晴らしく、迫力満点。怪しさ、危うさを漂わせながらも、包容力があるんですよね。やっぱり素敵でした。マントっていいなぁ~。そういえば、「ブリジットジョーンズの日記」のお気に入りは、マークのコートにブリジットが包まれるシーンなのですよ。うん、ああいうの好きだな。っと、話が逸れましたが・・・次に、泉見洋平さん。ちょっと痩せた?!大奮闘の様子で、ほぼ出ずっぱり。レ・ミゼラブルのマリウスでも細かい演技をする人で、今回のアルフレートもすごく自然なバタバタさ加減を表現されていました。チラシに載っていたようなクルクルヘアで出てきたらどうしよう~なんて思っていたのですが、チラシとは違うナチュラルヘアで良かったです。歌も上手かったのですが、もっともっとロック調で、泉見さんのシャウトな歌が聴けるのかと思っていたら、そうでも無かったのが残念っちゃ残念かな。アルフレートという役のキャラにシャウトは有り得ませんでしたけれど(^^ゞああ・・・ミス・サイゴンのトゥイがもう一度観たいです。大塚ちひろちゃんも、キャラピッタリ。夢見る少女と小悪魔的な感じが出ていて、とっても可愛かったです。そして、衝撃的だったのが吉野圭吾さん。良いなぁ~あのキャラ。Tバックに透け透けブラウスで、アルフレートに飛び掛る(愛情を持って・・・)なんてこの人ぐらいしか出来ないでしょうね。モーツァルト!のシカネーダといい、今回のヘルベルトといい・・・ええとこ持って行くよなぁ~なんて思いつつ見てました。大好きです・・・と、ここで告白(^^ゞ

あまりストーリーに衝撃性は無いのですが、楽曲が良いのと、登場人物のキャラクターが個々に素晴らしい作品でした。でも、十字架アクセサリーはちょっと違ったな。私もヴァンパイアの仲間にならなければな。さてさて、明日は浦井さんバージョンです。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

 

  • キャラメルボックス公演情報
  • クリックで救える命がある。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ