舞台

劇団四季「SONG&DANCE60感謝の花束」

Photo
劇団四季の歌&ダンスのショー「ソング&ダンス」に京都劇場へ行ってきました。「55ステップス」からもう5年かぁ~なんて思いつつ。

Photo_2
キャストボードには、「李涛」さん発見。ダンスは上手いし、歌は上手いし、大好きなのです。セツナイ歌は素直に心に染みるし、小粋な歌は楽しいし、見ていて一番心動かされる俳優さんです。飯田洋輔さんと飯田達郎さんも声が素敵でファンになりました。またキャスティングされてらっしゃる作品を観に行きたいなと思ってます。

Photo_3

さて、このソンダンというのは、お客様との”ふれ合い”というのもテーマになっているそう。「55ステップス」の時は、新型インフルエンザだったのかな?ふれ合う場面というのは、無かったのですが、今回は終演後の「お見送り」がありました。そういう企画に出会うのが私初めてでテンション上がりました。私が行った回のお見送りは、キャストさんが二手に分かれていらして、一方通行。大好きな方は、たくさんいらっしゃって皆さんと握手をさせていただきたいところなのですが、やっぱり李涛さん!ということで、スタッフの方に「李涛さんはどちらにいらっしゃいますか?」とお伺いしてから列に。もうテンションMAXで、調子に乗って、グッズをいっぱい買っちゃいました。単純な私。。。

このソンダンという演目は、凄く楽しいのです。ミュージカルの曲を中心に歌って踊ってなのですが、一場面一場面が素敵なのです。照明も演出も凝っていて面白いです。全部の曲に、ブアッと気持ちが爆発させられちゃうんですよね。
今回も、最初から涙でした。コーラスラインの「愛した日々に悔いはない」。これはもうズルい!ってなるぐらい心に響く歌なのです。俳優さんたちの日々の努力や葛藤、悔いのない俳優人生。そういう心意気が、すっと心に入ってきました。また年末に、大阪公演があるそうなので、リピートするぞっ!なんて思っています。

StarSコンサート

Img_1923Img_1929

ミュージカル俳優、井上芳雄さん、浦井健治さん、山崎育三郎さんの新ユニット『StarS』のコンサートを観てきました。会場は、NHK大阪ホール。

Img_1925

本日のセットリスト。帰りに皆さん何やら写真撮ってるなぁ~と思ったら、こちらが掲示されておりました。なかなか親切。

さてさて、StarS。さすがに歌が上手いというか、声が良いというか・・・響きが素晴らしくて、何度も天に昇る気分。今回は、ペンライトやサイリュームを持ってきてくださいっていうお話を聞いていたので、はてさてどんな雰囲気なんだろう?なんて思っていたのですが、元気な賑やかな楽曲が多くて楽しいコンサートでした。

ミュージカルをもっと知ってもらうためにということで結成されたグループでもありますので、コンサートではミュージカル曲満載。「ダンスオブヴァンパイア」の『サラへ』という素敵なナンバーも、実際にその作品に出演している育と浦井健ちゃんが歌っていて、めちゃくちゃ最高でしたhappy02 私がその舞台を観たのは、日本版初演時で、健ちゃん出演の公演を観ているのですが、断然その当時よりも歌が上手くなっていて惚れぼれでしたheart04

そして、「ウィキッド」から『Defying Gravity』を芳雄さんと健ちゃんで。こちらの作品は、現在日本では劇団四季が版権を持っているので実際の公演に出ることはなかなか難しいし、女性が歌う曲なのですが息ぴったりのお二人で心地よかったです。
先日NHKの番組で披露された「レ・ミゼラブル」の『民衆の歌』も拍手が鳴りやまないぐらい素晴らしかったです。芳雄さんも一番盛り上がってしまって困る楽曲だとcoldsweats01 
でも、さすがにミュージカル俳優、曲ごとに表情や声で演じちゃう。表情豊かじゃないと出来ないお仕事だなぁ~なんてしみじみ思いました。

MCは、さすがに手馴れている芳雄さんが主に進行で、浦井健ちゃんは天然ボケって自由奔放、たまに毒を吐く芳雄さんに突っ込みを入れる”まとめ役”が育という感じで、バランス取れた3人でした。
そんなMC中に、育が、芳雄さんが1stアルバム「SOTTO VOCE/ソット・ヴォーチェ」 で歌っていたクラシックの名曲『優雅な月よ』が好きだという話になり、突如歌うことに。クラシックだし、響きの良いホールだからということで、マイクなしの生声披露となりました。これがまたキラキラした声と言いますか・・・井上芳雄さんの声ってピカピカ光るような滴が降る声なのです。機械を通さない生声は、shineshine超キラキラshineshineでございました。育のピアノも綺麗だったなぁ。

なんだか、今日のコンサートを観ていて、ああ・・・芳雄さんも健ちゃんも育も幸せそうだなぁ~楽しそうだなぁって。この人たちが舞台でもプライベートでもいつも笑っていてくれたら、ファンとしても最高に幸せだなぁ~confident なんて思っちゃいました。舞台のお仕事って観に来るお客様に幸せを届けるお仕事なのだろうけれど、ファンは出演者の幸せを願っているのです。互いを思いやっている空気感ってきっと最高にプラスの気に溢れているんでしょうね。そんな中にどっぷり浸かって私もめいっぱいプラスの気を浴びることが出来て大満足でした。

さてさて、この楽しいコンサート、DVD化もされるとのこと。年内に発売されるかな?して欲しいなぁ。それまでは、楽しかった時間を思い出しつつCDをいっぱい聞いておこうと思います。

山口祐一郎さん降板

山口祐一郎さんの2013年度レ・ミゼラブル降板が昨日発表になりビックリ…>_<… 秋の大阪公演を祐一郎さんのバルジャンで観ようと決めてたので残念です。はてさて、どなたで観ようか。。。

吉本百年物語11月公演

Img_0812

映画の後は「吉本百年物語」。めちゃくちゃハードな一日coldsweats01

9月公演以来の観劇だったのですが、客席がいっぱいになっていてビックリ。ロザンの菅広文さんが主役だったのですが、初演技とは思えぬナチュラルさで素敵でした。未知やすえさんと夫婦役がとても可愛くて、ほんわか楽しく観ることができました。横に座っていたご夫婦のご主人がとても楽しそうで、客席が楽しいって雰囲気に満ちた舞台って良いなぁ~なんて思いました。

DRAMATICA/ROMANTICA V

Img_0811

「DRAMATICA/ROMANTICA」シリーズの3作目、「V」観てきました。ずっと東京公演だけで、てっきり5本目の「V」なのかと思っていたら3作目なのだそうな。

3本目を初めて観たもので、正直最初は、ぽか~ん・・・。ノリも分からず、ショーだから歌って踊るんだろうとは思っていたのだけれど、慣れない音量と言いますか。ちょっとビックリしちゃいました。今回、シアドラで席が下手前方のスピーカー前。体に響く音量が凄かった・・・ってのもあったんでしょうね。

歌の上手い出演者ばかりで、聴きごたえ十分。2幕はストーリー仕立てで幻想的。衣装もあれこれ素敵でした。今回でこのシリーズは最後なのだそうな。新シリーズに期待です。

2ヶ月連続井上芳雄さんの舞台が大阪で観られるという幸運。次は1月に「組曲虐殺」があるのですが、土・日・月しか公演が無くて、平日の夜公演がないのです。そうなると観に行けない。。。近頃の大阪、結構そういうことあるんですよねcatface やって欲しいなぁ~金曜日の夜公演。

DADDY LONG LEGS(ダディ ロング レッグズ)

Image_3

DADDY LONG LEGS」を観てきました。「足ながおじさん」をミュージカル化したもので、井上芳雄さんと坂本真綾さんの二人ミュージカルなのです。

これが期待以上に素敵な作品でした。二人だけだし休憩なしの短い作品かな?なんて思っていたのですが、1幕65分、2幕75分、休憩ありの2時間40分。19時開演でカーテンコールが終わったら22時近かったですもの。その間、ほとんど歌いっぱなしで、衣装チェンジもステージ上。半分以上・・・なんなら3分の2ぐらい坂本さんのソロかも?!なんていう恐るべき作品。

最初から最後までチャーミングに演じて歌った坂本さんに脱帽。レ・ミゼラブルで何度か拝見していたのですが、とにかく凄い女優さんでした。
井上さんは、最初は気難しい雰囲気で、世の中、面白いことなんて何もないってう感じから、ドンドン表情が明るくコミカルになってきて、見ていて段々若返る感じが楽しかったです。井上さんもおじさん系の役が出来る年齢になったのね~なんて思っていたんですけれどwink すっかり若返って可愛くなって終わりました。
この作品は、笑いあり涙ありの優しくて暖かくて楽しいお話でした。

終演後には、井上さんから「あしなが育英会」への寄付が呼びかけられ、ステージ上に舞台で使われていたトランクが募金箱代わりに置かれました。キャストが募金箱を持っての募金じゃなかったので、果たしてどれぐらいの人が協力するのだろう?と思っていたのですが、客席のほとんどが募金箱の列に並んでいたのには驚きました。お札を入れている人が多かったなぁ。恐るべし作品の力&客席の年齢層の高さlovely
私も、今の自分に出来る限りの参加をしてまいりました。作品を見て、私も誰かに手を差し伸べたくなったことも事実ですが、大好きな人がする活動って、めいっぱい協力したくなります。だって、井上芳雄さんの喜ぶ顔が目に浮かんだんだものhappy02

スリルミー

Img_0318Img_0319

スリルミー」、本当にスリルいっぱいの作品でした。

東京初演から気になりつつ、東京遠いんだよなぁ~catface なんて思っていた作品が、やっと大阪上陸。張り切って行ってきました・・・と、言いつつ、私ったらすっかりチケット取るの忘れていて、結構後ろの席しか残ってなかったcoldsweats01 それでも、通路脇の一番見やすい席をゲット。目の前を遮るもの無く観てきました。

この「スリルミー」という作品は、演奏はピアノ1本。キャストは2人だけ。そして、セットもちょこっと・・・なんて言う作品で、東京の初演は100席ぐらいの会場で上演していたのです。サンケイホールブリーゼは912席。9倍は広すぎるわぁ~。・・・でも、900席の劇場の1階後方席で観たにもかかわらず、ものすごい迫力で。息をするのを忘れ、一切身動きできず、観終わったら胃が痛くなったぐらいの緊張感満載。お客さん全員が金縛り状態の100分でした。これをキャパ100で観たら、私、倒れると思うな。演じているキャストも、めちゃくちゃ体力&集中力が要る作品だと思います。やっぱり役者さんって凄いなぁ~なんて変な感想かな?

以前から、万里生くんlovely  万里生くんlovely 言ってる私なのですが、何を隠そう、今日初めてナマで拝見いたしました。ESCOLTAのCDも全部持ってるぐらいファンなのに・・・なんだか、観る機会無くってcatface
ナマで観る田代万里生くんは・・・席が遠かったので、お顔ははっきり見えずだったのですが、輝いてましたshine 今日の”私”という役のキャラもバッチリ合ってました。歌は上手いし、お芝居部分も素敵。欲を言うなら、もうちょっと声が太くなったら嬉しいかな?なんて最初は思いながら観ていたのですが、後半の追いつめられるシーンは大感動bearing 万里生くん凄いsign03
そして、”彼役”新納慎也くん。カッコ良かったheart04 ブログ毎日チェックしておりますが、ナマでは「ウェディングシンガー」で一度拝見したっきりだったのです。新納くん、めちゃくちゃ素敵lovely スタイル抜群だし、歌も上手くて気持ち良かったです。ウェディングシンガーはオカマさんの役?だったので、カッコいいという観点よりも面白くて素敵shine という路線だったのですが、今日のシンプルスーツから伸びる長い脚が長くてねぇ~。あんなに素敵だと思ってなかった・・・ってのは失礼かな?coldsweats01 今日からより一層ファンになったということで許してもらおう。

来年、2013年3月に、またこの作品の再演が決まっています。キャストや大阪公演があるのか未定ではありますが、また機会があったら、絶対観たいと思います。観る側の体力がかなり要る作品なので、頑張って体力つけとこう。

吉本百年物語「舶来上等、どうでっか?」

Photo

吉本百年物語「舶来上等、どうでっか?」を観てきました。アッキーこと中川晃教さんが出演されておりまして、アッキーファンとしては大阪限定逃してなるものかと。

ただ吉本に馴染みすぎても嫌だし、浮いちゃうアッキーも心配だし・・・なんて思っていたのですが、魅せるところは魅せてアッキーの世界観も保ちつつ、吉本的なアドリブには素直に困ってオイシク突っ込まれておりました。久しぶりに観たアッキーの舞台だったのですが、 また改めて好きになりました。アジアンの隅田さん、お芝居上手くてビックリ。

ところが!!

私、あんまりAKB48とかわからなくって、ドラマに出てくる子ぐらいしかわからないのですが、テレビで観たAKB48はダンスが上手くて可愛くて。その関西版”NMB48”が共演ってことで、今回はクオリティーの高いものが観れるんだろうなぁ~と、ちょこっと期待していたのですが、ガッカリ・・・というか、あまりのことにビビりました。

バチを両手に持って投げたり回したりする場面では、驚くほどバラバラと落とすし。まあ和物は難しかもしれないから、ダンス系は上手ハズよね、ラインダンスはきっと宝塚新入生レベルぐらいのことは出来るんだろう・・・と思ったら、全く足上がらない。・・・きっと、ラインダンスというものを知らないんだろうなぁ~。歌も下手だし・・・観てらんない。バチを通算5回落とした人は退場とか・・・そういうことやってくれないかな?

なんだ・・・ただ可愛いだけかよgawk なんだろうなぁ~お客さんに失礼だよ、そのレベルはannoy

ダメダメ、怒ったまま終わっちゃイカン!
アッキーは素敵でしたshine やっぱり歌、上手いというか言葉を話しているかのように歌が出る。心地よかったです。ずっと、どないやねん!と思っていたのですが、終わり10分のアッキーが、それはそれはカッコよかったので、もう一度観たい!と思ってしまう作品でした。出来たらNMB抜きで。いなくても成立すると思うんだよなぁ~。

地球ゴージャス「海盗セブン」

Dsc_1008

初めて地球ゴージャズ観てきました。今回は「海盗セブン」。

地球ゴージャス、すごい面白い!すごい人気がある!という噂は聞いていたのですが、実はあまり興味無かったのです。

「地球ゴージャスに三浦春馬くんが出るんだって~」

ってなところから、話が転がって観に行ってみようかなぁ~っと。三浦春馬くん大ファンのお姉様に連れてってもらっちゃいました。

行ってビックリ。久々に、観終わった瞬間、もう一回観たいっ!って思った作品でした。正直、ストーリーは全然たいしたことないのです。1幕と2幕で脚本のクオリティーが違うというか、そんな安易な展開、ストーリーで良いのか?!2幕になって急に色んなメッセージが入ってきて、どうなの?っと、ちょっとドキドキするぐらい。でも、すんごい楽しいのです。出演者のパワーが凄いのです。演出やらステージやらが凄いのです。ダンスがめちゃくちゃカッコいいのです。楽曲もカッコいいのです。ダンサーに混ざって、遜色なく踊っている三浦春馬くんに衝撃なのです。アミューズのチャリティーの時に、歌やばいなぁ~なんて思っちゃった春馬くんなのに上手い・・・上手くなっちゃっているのです。なんだこれはっ!!・・・っと、衝撃受けてしまいました。

もちろん他の役者さんも凄いんですよ。それぞれのカラーでピカピカ輝いているので、誰がメインのシーンでも目が離せないんです。オーラが感じられるのです。・・・という作品なので、断然、生で観るのが一番良いと思うのです。たぶんDVDで観ると魅力半減だと思うのです。あのエネルギーは生じゃないと浴びられませんから。

ああ、またファンになっちゃったなぁ~。地球ゴージャスも舞台役者としての三浦春馬くんも。前作には中川アッキーもでていたみたいで・・・観たいなぁ~前作。生で前作は残念ながら観られないからDVD情報の載ったホームページをちょこっと覗いちゃっている私がいたりします。徐々に深みにハマって行く・・・やばいです。

吉本百年物語

Dsc_0950

吉本百年物語見てきました。初めてのNGK。驚いたのが、めちゃくちゃ手厚く迎えられたことと。あちこちにスタッフの方がいらして、たくさん「いらっしゃいませ」してくださるのです。そして、客席にジュースとポップコーンを持って入れることにビックリ。演芸場って気楽なものなんだなぁ~なんて。という訳で、リラックスしてのんびりお芝居を楽しんできました。

作品の感想としては、100%お芝居でありながら、ちょこっと素の要素もあり・・・ってな感じ。最後は、えらいド派手は演出になって、途中で観てる作品替わったよねぇ~なんて思っちゃいました。なかなか興味深いジャンルでございました。

より以前の記事一覧

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

 

  • キャラメルボックス公演情報
  • クリックで救える命がある。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ