キャラメルボックス

キャラメルボックス『夏への扉』

Dvc00095

キャラメルボックスの「夏への扉」、最高に素晴らしい舞台でした。面白くて、セットもバッチリだしストーリーもこんがらがることなく解りやすくなっていて…久々に爽やかで完成度の高い気持ちの良い舞台を観たなって思いました。また猫のピートが最高に笑えました。今まで筒井さんって苦手だったのですが、今日、相当好きになりました。

私、原作は、大内さんが数年前にオススメとブログで紹介されており読んでいます。その時に私が書いたのブログがこれhttp://prince.tea-nifty.com/moon/2009/11/post-0789.html。ちなみに大内さんの記事はこれhttp://ameblo.jp/atsuwo-o/entry-10358807275.html
その時は、思った通りに進まない作品って書いていますが、今日の作品はスッキリ明快。原作の細部をもうさっぱり覚えていない私がおりますが、めちゃくちゃキャラメルテイストで温かく微笑ましい作品になってました。これは超オススメ作品です。

お芝居的に欲を言うなら・・・セリフの聞き取りにくいところがあるんですよね。勢い殺さず、もうほんのわずかだけセリフのスピードを落としてもらえないかな?四季ほどゆっくりになると、電池切れるでぇ~ってなるので、そこまで落とさず・・・それで、ずいぶん聞き取りやすくなると思うのだけれど。。。

サンタクロースが歌ってくれた

Dvc00055

演劇集団キャラメルボックス「サンタクローが歌ってくれた」・・・ハッflair 今タイトルの意味が分かった私です・・・を観てきました。楽しくて幸せで、それで涙が出そうになりました。やっぱり舞台はいいなぁ~。

後半になればなるほど、キャストが増えて入り混じって・・・上川隆也さん役の上川さんやら、その上川さんが演じる江戸川乱歩こと太郎やら・・・キャストが増殖しまして、私の中で糸がこんがらがっちゃいまして1回観ただけじゃ、すべてを理解することが出来なかったのですが、ドタバタいっぱい笑って気持ちよく見れた作品でした。今年最後に観る舞台がこれで良かったなと思います。

私の中で初めて温井摩耶さんにピントが合いました。きっとかつて観た作品にも出演されていたのでしょうけれど、うわぁ~あの役者さん良いなぁ~新人?なんて思っちゃったのが温井さん。来年は大注目させていただきます。

さてさて、今日の歩数を大発表。午後12時~活動量計を付けまして、292歩。すみません、駅近の家で。。。明日からは、必要以上に会社内を駆け巡りたいと思います。

↑上記訂正です。いくらなんでも292歩は無いんじゃない?とのことで調べてみたところ、292歩じゃなく292Kcalの消費でした。歩数は3807歩でした。いくら駅近でも292歩は近すぎました(^^ゞちなみに歩いた距離は2.7Kmでした。

これからの注目作品

近頃すっかりご無沙汰な演劇情報。この秋から注目作品(観に行ったり観に行かなかったりしますがcoldsweats01 )を、久々に熱く?!ご紹介したいと思います。

Photo

チラシが美しい『エリザベート』。今回からトート役がトリプルになり、山口祐一郎さん、石丸幹二さん、城田優くんが出演されております。ルドルフもトリプルで9月5日までは私の王子様、田代万里生くんが出演中。とはいえ実は、まだ一度もナマ万里生くんを拝見したことが無いのです。来年大阪でマルグリットの再演があるのですが、う~ん・・・藤原紀香さん主演かぁ。う~ん・・・ってところです。

Garasunokamen

ブログは毎日読んでいますが、私の王子様なのか?!わからない、新納慎也くん出演の「ガラスの仮面」。新納慎也さんはエリザベートに出演されていて私の歴史に登場した方なのですが、井上芳雄さんの大親友でもあります。先日、紫の人の扮装写真を初めて見て思ったのが「あっ。。。カッコいい人だったんだぁ」でした。普段は関西人の面白いお兄ちゃんというイメージだったもので(^^ゞ
こちらの公演は埼玉公演が終わっちゃいまして、今日から大阪シアターBrava!にて上演です。

Tikyu

ご存知『地球ゴージャスVol.11 X day』です。実は、私、地球ゴージャズ観たことなかったりします。WOWOWでOAされたものは録画したのですが、それさえ録っただけで観てなかったりします。今回の私の注目ポイントは中川晃教くん、アッキーが出演しているということ。アッキー素敵です。こちらは、名古屋・新潟・大阪公演を残しております。アッキーファンのお友達が燃えております。

Inoueyoshio

私の永遠の王子様第一号、井上芳雄さんの『10周年記念コンサート』です。東京では9月11日から青山劇場にてコンサートが始まるのですが、私は大阪で堪能させていただきます。ちなみに大阪は9月25.26日梅田芸術劇場メインホールにて。ゲストにはこれまた私の王子様、浦井健治さんがご出演。ガラスの仮面の新納くんは東京公演の9月13日にゲスト出演されます。相当笑える?!こと間違いなしでしょう。

Shirano

キャラメルボックスの「シラノ・ド・ベルジュラック」。東京は9月29日~、神戸は10月14日からの上演です。加藤さんのTwitterを観ていると成井さん談があり「49年間生きてきた中で最高のラブストーリー」とのこと。観っ、観たい!!
キャラメルは2011年のラインナップも発表中。2011年2・3月「夏への扉」、5・6月ハーフタイム「水平線の歩き方」+「新作」、8・9月「新作・時代劇」、11・12月「流星ワゴン」。来年も楽しみです。

Ginga

10月29日よりABCホールにて上演の劇団銀河『「この指とまれ」を聞きながら』。初のABCホール公演だそうで、仕事帰りに行きやすくなりファンとしても嬉しい限りです。純愛サクセスストーリーとのこと楽しみです。

Santa

キャラメルボックス2010年最後の作品は、元劇団員の上川隆也さん、近江谷太朗さんをゲストに迎えての「サンタクロースが歌ってくれた」です。これはキャラメルファンとしては見逃してはならない作品でしょう。

Mozart

めっちゃチラシがカッコいいcrying 『モーツァルト!』。井上さんの冷たそうな悪そうな顔がこれまた良いっ!久々に額に入れて部屋に飾っちゃおうかしら?東京は11月6日~、大阪は2011年1月の上演。山口祐一郎さん、市村正親さんなど東宝ミュージカルの”顔”な豪華キャスティングです。

ByeByeBlackbird

Dscf7186

演劇集団キャラメルボックス「ByeByeBlackbird」を観に新神戸へ行ってきました。晴れていたら布引ハーブ園にでも・・・なんて思っていたのに、朝から大雨。なかなかご縁の無いハーブ園です。

さて、今回のキャラメルもめちゃくちゃ良かったです。”記憶を失う”という流行り病で16歳以降の記憶を失ってしまった人たちが今をどう生きるかという作品。倒れて目が覚めたら『気持ちは16歳』の自分に知らない妻がいて、さらに息子が自分より年上に見えたり、大事な人との出逢いや一緒に暮らした思い出さえも無くなっていたり、大切な人との別れを覚えてなかったり。

作品を見るまでは「出逢ったことと別れたことを忘れていたら問題無しじゃない?!」なんて思っていた私がいたのですが、人との関わりって何もかも無かったことにすることは出来ないんだなぁ~なんてしみじみ感じました。私は忘れても相手は忘れてない、家族も忘れてない、友達も忘れてない。ああ・・・人ってけして独りぼっちにはなれないものなんですね。もし私が記憶を失っても私のことを忘れてない人が少しはいてくれるだろうなぁ~なんて思うとちょっと人との繋がりが嬉しくなりました。

そして、改めて大内厚雄さん素敵だなぁheart04 と。沢野先生みたいな人が見守ってくれていたならきっと人生暖かいな。。。

Dvc00097

この写真は開演前にいつも立ち寄る劇場横のカフェ「カフェ・ド・クリフ」と「キャラメルボックス」のコラボ商品『キャラメルトースト』です。キャラメルソースにバニラアイスと生クリーム。めちゃくちゃ美味しかったです。ぜひお立ち寄りくださいませ。
そうそう、一番上の写真のパンは「みき丸パン」。劇場内にて販売されております。

クロノス・ジョウンターの伝説

Dvc00036

サンケイホールブリーゼでキャラメルボックス『クロノス・ジョウンターの伝説』/「ミス・ダンデライオン」「南十字星(サザンクロス)駅で」を見せていただきました。

「ミス・ダンデライオン」 は私、以前見たことがあってタイトルは覚えているのにストーリーが浮かばず状態。ほらあれやん…なんて話を聞いてもピンと来なかったのですが、セットを見た途端に"もしやあれ?"状態で、一気に思い出しました。展開がわかっているからと言って退屈することなく、ワクワクドキドキ、セツナイ気持ち一杯で見ることが出来ました。

そして「南十字星駅で」。こちらは新作だったのですが、これがまたセツナイお話。友情のために自分の命も掛けちゃう勢いで歴史の流れと戦う野方(西川浩幸さん)の姿に涙が止まりませんでした。お話の勢いとキャストの勢いがバッチリ合って、とっても気持ちの良い舞台でした。

さて、このグッと引き込まれるお話たちの上演時間は各1時間。ハーフタイムシアターという2本立なので、両方観ても片方だけでもご自由にのお忙しい方にも親切な設定。このハラハラドキドキ笑って涙してのお話が1時間に綺麗にまとまっていて、不思議ともっとここは丁寧に観たいなぁ~なんて思ったり、反対に長いねんっ!っていうのが全く無いのがキャラメルボックスのお芝居。いつ観ても安定した安心してみれる優しい時間が流れます。またカーテンコールでちょこっとキャストの方がご挨拶をされたりするのですが、いつもほっこり暖かい気持ちになります。

とかく疲れることの多い世の中、なりふり構わず誰かの為に頑張っている人の暖かいお話を観に劇場に行かれてみませんか?舞台観劇なんて贅沢じゃない?なんて思う人もいらっしゃるようなのですが(どうも関西人に多い。。。)、キャラメルボックス意外にリーズナブルですwink 
2月18日(木)~22日(月)まで
<名古屋公演>名鉄ホールにて
2月26日(金)~28日(日)まで
<東京公演>なかのZERO大ホールにて
3月4日(木)~5日(金)
中野”元気”演劇祭参加公演
<東京公演>サンシャイン劇場にて
3月12日(金)~4月4日(日)まで

夏への扉

大内厚雄さんがブログに紹介されていたロバート・A・ハイラインの「夏への扉」を読んでみました。

・冷凍睡眠
・飼い猫は、冬になると家の11ある扉のどれか一つが夏に通じていると思って、全部の扉を開けさせる。

なんて設定を見たとたんに、うわぁ~キャラメルっぽい!なんて思いつつ読み始めました。キャラメルほど、キラキラした青春や輝きは無いストーリー展開でしたけれど、すごく面白いSF小説でした。でも、これがまた全く思った通りに進まない作品で、私の中に出来てしまっている「当たり前の展開」をちょっと覆す内容。翻訳モノは、ほとんど読まないのですが、海外の作品も面白いかも!?これから翻訳作品も要チェックです。

<大内厚雄さんとは?>
大内厚雄さんブログ:http://ameblo.jp/atsuwo-o/
演劇集団キャラメルボックス:http://www.caramelbox.com/
ドラマ・Xmasの奇跡:http://tokai-tv.com/kiseki/

Xmasの奇跡

キャラメルボックスの大内さんのブログをチェックしていると、近頃ドラマを撮ってらっしゃる風だったのですが、今日やっと正式発表がありました。

11/2(月)13:30スタート東海テレビ連続ドラマ「Xmasの奇跡」だそうです。
出演は、高橋かおりさん、岡田浩輝さん、窪田正孝さん、大内厚雄さん、・・・そして、主題歌&特別出演が、パク・ヨンハさん。なかなか豪華チックじゃないですか?その中で4番目に名前のある大内さんって、凄い!

かなり楽しみです。今年の秋ドラマ、面白そうな作品が目白押し。ちょっと早めに録画できるようにハードディスク空けなきゃです。

さよならノーチラス号

Dvc00456

見てきました!「さよならノーチラス号」。
キャラメルらしい設定のお話ではあったのですが、う~ん・・・ちょっとストーリーが空回ってるな。。。という印象でございました。キャストもちょっと多すぎてゴチャゴチャかな?

終演後には、大阪平日木金公演限定で、岡田達也さん&多田直人さんの握手会付き。もちろん参加してまいりました。何を隠そう、多田直人さんのファンでもある私ですからheart04 
さすが人気のあるお二人のようで、ズラーッと女性が並んでおりました。 

風を継ぐ者

Dvc00372

キャラメルボックスの「風を継ぐ者」を見てきました。いやぁ~カッコよかったです。
新撰組のお話だったのですが、NHK大河の新選組を見ていたのおかげで登場人物がある程度わかるのがありがたい(^^;
キャラメルらしい、爽やかでせつなくて熱くて、ちょっと涙もこぼれるお話でした。

私の見所は、石原善暢さん。目覚しく進歩されていて衝撃。やっぱすごいや。。。益々ファンになりました。今月22日は石原さんのお誕生日。「おめでとうっ!」と応援しに行きたかったなぁ~。
そうそう石原さんと言えば、福山雅治さんに似ていると評判!?ですが、奇しくも劇場の川向こう、大阪城ホールでは福山さんのコンサート開催中。地下鉄「大阪ビジネスパーク」に降りたら、女の子の大群が居たので「キャラメルやるなぁ~」と思っていたら、皆さん橋を渡って行かれましたわ。。。

さて、今日の私の劇場でのお買い物。もう一人のご贔屓さん関連グッズ。

Dvc00373

大内厚雄さんのブログで紹介されていた大内さんのキャラメル公演通算1500ステージ記念の栞と、今作品の集合写真のポストカード。元気がもらえる笑顔満載です。

上川隆也さん退団

久々にキャラメルボックスのHPを見てビックリ。「上川隆也退団のお知らせ」なんてタイトルの記事が出ているのですもの。。。

う~ん・・・私としては。。。近頃は、キャラメルボックスだから見に行くという気持ちのスタンスにはなってきたのですが、『一作品』として見に行くので、その出演者が劇団員だろうが客演だろうが、あまり気になりません。劇団四季の舞台でもそうなのですが、劇団員だろうが劇団外の人だろうが、必然性があって呼んできている人なのだろうから、あの人は劇団の人、あの人は違う人っていうスタンスでは観ないのですよね。

そんな私でも、なんとなく寂しい気がしていますので、ご本人や劇団員、初期からのファンの方なんかは大激震なのでしょうね。

今後の上川さんは・・・キャラメル25周年公演には客演としての出演が決まってらっしゃるそうなので、それはぜひ観に行こうと思っています。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

 

  • キャラメルボックス公演情報
  • クリックで救える命がある。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ